退職の意思を伝える難しさ

転職活動と言えば、新しい職場を探すことと、行きたい職場を確定させることに目が向かいがちです。しかし、実は一番難しいのは今の職場を離れることです。様々な理由で今の職場を辞めることを決定したわけですが、看護師としてのあなたのキャリアを形成してくれた場所です。蔑ろにしてはいけません。それに、今の職場ではあなたが辞めた後も業務は続きます。その業務を滞らせてしまっては、同僚や上司だけでなく、患者さんにとっても不利益になります。それは看護師のするべきことではありませんね。
決して波風をたてることなく、なるだけ円満に職場を去って、良い気持ちで新しい職場に向かう。それが良い転職なのです。仕事を辞めるには、それなりにプロセスがあります。まずは直属の上司に相談という形で話をして、退職の意志を伝えるようにしましょう。最初から仕事を辞めるという話をするのではなく、あくまでも相談という形で話をします。タイミングは職場によっては職務規程で数ヶ月前に伝えるようにという条項がある場合があります。基本的にはそれに従うのが望ましいのですが、状況がそれを許さない場合もあるでしょう。どのような場合であっても、最低二ヶ月くらい前には退職の意向を伝えるようにしましょう。退職の意志を伝えるのは、一番最初に直属の上司にしましょう。職場の他の人、例えば上司の上役などに話をしてはいけません。その場合、上司に迷惑かけてしまうことになります。また、同僚には口止めをしていても、どこからか話は伝わってしまうものです。ですので、決定事項であっても同僚などに上司よりも先に話してしまってはいけません。上司と話をして、退職日を決定したら、今あなたが担当している業務の引き継ぎをしなければなりません。これにもそれなりの時間がかかります。やり方として望ましいのは、業務の内容ややり方をノートなどにまとめておくことです。うすることによって、業務で分からないところが出てきた時にそのノートを参照することができるからです。作業手順については普段からマニュアル化しておくように心がけておくと良いでしょう。
退職する日が来るまでに、職場から借りていた備品を整理して返却する必要があります。何を借りていて、どれを返却しなければならないのかを整理しておきましょう。
円満に職場を離れることによって、すっきりした気持ちで新しい職場に向かうことができます。看護師として新たな第一歩を良い形で踏み出すためにも、退職時の振る舞いが重要になってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です