何はもあれ情報収集をすること

転職活動のメインは、転職先を探すことです。それは何も看護師に限ったことではありません。
しかし、それは最初にすべきことではありません。なぜなら、既に行きたい職場がある人ならともかく、そうでない人の場合、転職理由から鑑みて職場を探す必要があるからです。また、雇用する側にも希望があります。いくらあなたがその病院なりクリニックなり、あるいは企業なりに転職したいと考えていても、雇用側の希望する人材でなければそこに転職することはほぼできません。なので、例えば自分が転職を希望する理由を深く考察しましょう。キャリアアップのためでしょうか。それとも、今の職場に何らかの不満があるからでしょうか。
キャリアアップを考えているのであれば、それを実現できる職場を探す必要があります。また、何らかの不満があって転職を希望するのであれば、その不満を解消することのできる職場を探さなければなりません。自分を知ることも大切です。自分のことなんて良く知っていると思う人も多いでしょうが、看護師としてのこれまで自分が担当してきた仕事や経験してきたことを客観的に見直してみると、意外と自分が知らなかった自分を見つけ出すことができます。これらを踏まえ、そんな自分にとって良い職場、そんな自分を求めている職場を探すことが転職を成功させる秘訣です。単に職場を横滑りするだけでは何にもなりません。いざ良い職場を見つけたとしても、面接などの対策が十分になされていなくては、せっかくあなたが自身を見つめ、自分にマッチした職場を見つけたとしても意味がありません。

転職活動には面接は避けては通れない道なので、そこの対策もしっかり行っておかなければなりません。転職先が決まった後も重要です。転職するということは、当然今の職場を辞めることになります。辞めるにはそれなりの手続きも必要ですし、いくら去る場所だからといっても不義理なことをしてはいけません。看護師としての自分を知り、今後のキャリアとライフプランをきちんと考えた上で良い職場を探し、転職先が決まったら現在の職場を円満に退職する。理想的な転職を実現するためには、この一連の流れをきちんと行う必要があります。そのためには、すべきことを整理して、適切なタイミングで適切に行動しなければなりません。それを踏まえた上で、より良い転職活動をして、自分にとっても新しい職場にとっても良い結果となる転職を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です